HOME > 布団お手入れ豆知識 > 実験 10年間使った羽毛布団を洗ってみました

実験 10年間使った羽毛布団を洗ってみました

肌着は毎日洗うのに、羽毛布団は10年間干すだけっていう人いませんか?

jikken.jpg

『肌着は毎日洗うのに、羽毛布団は10年間干すだけ』・・・という人、意外と多いです。
でも、これって実はとっても不潔な事なのです。
その事を分かりやすくご説明するために実験してみました。 


実験 10年間使った羽毛布団を洗ってみました

元カネボウ化粧品研究員の血が騒いだ・・・というワケでもないのですが、
10年間使った羽毛布団がとても汚れている事を分かりやすく説明するために実験してみました。

 

用意した物① 10年間使った羽毛布団

umou.jpg

実際にお客様から引き取った羽毛布団です。
実際の使用年数は不明ですが、15年以上は使った品だと思われます。

 

用意した物② 桶

oke.jpg 

 

それではいよいよ実験開始です。

jikken.jpg 

 

まずは羽毛布団を桶の中にぎゅっと押し込みます。

jikken1.jpg 

 

桶の中に水を張ります。

jikken2.jpg 

 

手もみ洗い開始。

jikken3.jpg 

果たしてどれだけ汚れているのか?
気持ち悪いのをぐっとこらえて一所懸命に洗います。

 

羽毛布団をひっくり返してさらに丹念に洗います。jikken8.jpg

 

 

ここで取り出したのは『ペットボトル』

jikken4.jpg 

 

ペットボトルに桶の中の水を汲みとります。

jikken5.PNG 

 

いよいよ結果発表です。

jikken6.PNG

 

これが10年間一度も洗っていない羽毛布団の汚れです!

 

jikken7.png 

やらせは一切ありません。
あまりの汚れに私もびっくり仰天です。 

よくよく考えてみれば当たり前の話です。
私たちは真冬でもコップ1杯の汗をかいています。
 

ase.PNG

その中には『塩分』『金属』『アンモニア』『尿素』などの汚れ成分が含まれています。
また厳密には汗の成分ではありませんが『皮脂』や『垢(あか)』などの成分も混在しています。
その積み重ねがこれだけの汚れになってしまうのです。

そしてこれらの汚れは、干すだけでは一切取り除くことが出来ません。
考えてみれば当たり前の話ですよね。
干す事で取り除く(飛ばす)ことが出来るのは湿気だけです。 

 

羽毛布団は使わない時期(=夏場)にきっちりとお手入れしましょう。

あなたの大切な眠りのために、羽毛布団は使わない時期(=夏場)にきっちりとお手入れしましょう。

当店では
・羽毛布団は3年に1回の水洗い
・10年以上使った羽毛布団はリフォーム(仕立て直し)
をお勧めしています。umouraiten.jpg快眠のプロにご相談ください。

〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
快眠ショップ ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)

香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
0875-52-3234
営業時間9:00~10:00
毎週水曜定休日

西部製綿株式会社
〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
TEL:0120-50-3234 / FAX:0875-52-3235

快眠ショップ ふとんのせいぶ
西部製綿株式会社

0120-50-3234
上記電話番号をタップすると発信します。
営業時間 9:00~19:00 (定休日:水曜)

閉じる