HOME > 布団お手入れ豆知識 > 羽毛布団の側生地が破れた場合の対処方法

羽毛布団の側生地が破れた場合の対処方法

羽毛布団の側生地が破れた場合の対処を誤ると大惨事になる場合も・・・

 

お客様から『羽毛布団の側生地が破れました(穴が開きました)。どうしたらよいですか?』というご質問をよく受けます。この場合の対処を誤ると大惨事になるのでお気を付け下さい。

 

ちなみにシングルサイズの羽毛布団で中身の羽毛量は1.2キログラムが一般的です。羽毛布団の場合、中が小部屋に仕切られている(キルトと呼ばれます)ため、側生地が破れからといって、中身の羽毛全てが飛び出してくるというわけではありません。一般的な4×5マスの20マスキルトの場合、全てのマスの大きさが同一だとして、1マスに入っている羽毛の量は60グラムということになります。


羽毛60グラムと言ってもどの程度の量なのか、一般の方にはピンとこないと思いますので、具体的にお見せしますとこのような感じです。

100g.PNG

60gといえどもこれだけの量となります。これらがが飛び出してきたら大惨事となります。ですからきっちりとした対処が必要となります。それでは実際の対処法をご説明します。

 

その① 小さな破れ、穴が開いた場合⇒補修布

 

破れや穴が小さな場合は羽毛布団に添付してある補修布を使います。もし補修布が見当たらない場合、お買い上げの販売店に問い合わせされれば、対応してもらえると思います。

yabure1.jpg

まずは補修布を破れた部分より大きめに切り取ります。

 

yabure2.jpg

切り取った補修布をアイロンで貼り付けます。
まずは破れた部分の羽毛を端に逃がし(その部分を平らにして)、その上から補修布を当てて、あて布をしてからアイロンで押えます。アイロンの温度は140℃から160℃の中温で約10秒押えます。 
しっかり補修布がくっついたら、羽毛布団を軽くたたきながら中身の羽毛の偏りを元通り復元して完了です。


その② 大きく裂けた場合⇒羽毛布団リフォーム

 

補修布では対応できないような大きく裂けた場合は、応急処置ではどうにもなりません。羽毛布団のリフォームが必要となりますので寝具専門店にご相談ください。

 

一般的な羽毛布団リフォームの場合、
羽毛布団解体⇒羽毛洗浄・乾燥⇒足し羽毛⇒羽毛充填⇒縫製・仕上げ
という工程になります。このやり方だと中の羽毛を洗浄・乾燥・足し羽毛という工程が加わりますので、新品同様のふっくらとした仕上がりとなります。

 

生地が破れた羽毛布団がまだ新しい、あるいはあくまでも応急処置の場合、途中の『羽毛洗浄・乾燥⇒足し羽毛』という部分を省いて
羽毛布団解体⇒羽毛充填⇒縫製・仕上げ
だけを行うことも可能です。
これは『側交換』と呼ばれるやり方です。簡易な工程ですので価格も抑えることができます。


側交換コースの当店価格は
シングルサイズ
ダブルサイズ 16,800円~(税込)
ダブルサイズ 22,600円~(性込)
となっています。(『~』がつくのは新しく仕立てる側生地のランクをアップグレード可能だからです。)
 

ti.png

 

ふとんのせいぶ『羽毛布団リフォーム(仕立て直し)』のページはこちら

〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
快眠ショップ ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)

香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
0875-52-3234
営業時間9:00~10:00
毎週水曜定休日

西部製綿株式会社
〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
TEL:0120-50-3234 / FAX:0875-52-3235

快眠ショップ ふとんのせいぶ
西部製綿株式会社

0120-50-3234
上記電話番号をタップすると発信します。
営業時間 9:00~19:00 (定休日:水曜)

閉じる