HOME > 布団お手入れ豆知識 > 綿布団打ち直し

『もったいない』と『リサイクル&エコ』

『もったいない』という言葉に象徴されるように、もともと日本人はモノを非常に大切にする民族でした。ところが高度経済成長、それに伴う大量生産、大量消費、使い捨ての時代を経験したことにより、日本人のモノを大切にするという意識が薄れてしまったことは否めません。

 

近年『リサイクル&エコ』という言葉をよく耳にするようになりました。しかしながら環境先進国と言われる欧州諸国と比較して、日本国民の環境意識はまだまだ低いと言わざるを得ません。わが国で『リサイクル&エコ』という言葉が用いられる場合、マーケティング的要素が強く感じられます。また一般消費者にとっては『地球環境に優しい』というよりも『家計にやさしい』という要素の方が重要視されているように思われます。

 

ただこの辺りの意識は徐々に変わりつつあることが強く感じられ『リサイクル&エコ』という言葉の本当の意味での重みは、今後増していく事は間違いのないところです。

 

綿布団の打ち直しは古くから続く良き伝統

 

綿の布団はかつて非常に高価だったそうです。一説によると、江戸時代には一枚の綿布団と引き換えに『田んぼが買えた』『牛が買えた』と言い伝えられています。綿の布団を使うことが出来たのは、上級武士や豪商に限られたそうです。そのため綿の布団は古くなったからと言って決して捨てられる事はなく、打ち直しによる再生が行われ、長く大切に使われました。

 

こういった意味では綿布団の打ち直しはリサイクル&エコの先駆けと言えるかも知れません。

 

明治時代中期以降、海外から比較的安価な綿わたが輸入されるに伴い、綿布団が一般庶民に徐々に普及しました。しかしながら日本全体が貧しかったため、綿布団打ち直しの風習は廃れることなく続きました。やがて『打ち直し屋』『綿屋』(寝具専門店の前身というべき存在)と呼ばれる業者が全国各地に存在するようになりました。

 

昔は古くなった綿を打ち直し屋に持ち込み、機械でほぐして再生してもらい、それを持ち帰り各家庭で布団として仕立てていました。今でも『昔お祖母ちゃんと一緒に、打ち直しの綿布団を家で仕立てた』という人がいらっしゃいます。(正確な統計資料は持ち合わせていませんが、昭和40年代、昭和50年代が綿布団打ち直しの最盛期であったと推察されます。)その後、羽毛布団の普及に伴い、綿布団の使用率は徐々に減り始めました。綿布団の打ち直し枚数も年々減少しています。しかしながら年配の方を中心に、根強い綿布団の愛用者が存在しています。

 

その一方で昔ながらの綿布団を作ることの出来る職人さんは年々減少しています。またデパートや量販店など、様々な販売チャネルを見渡してみても、昔ながらの綿布団を取り扱っているところはほぼありません。現在では綿布団を扱っているのは、いわゆる布団屋さんに限られているのではないでしょうか。

 

もしかしたら将来的には綿の布団には希少価値が出るかもしれません。押し入れで眠っている綿の布団、打ち直しによるリサイクルを行ってみてはいかがでしょうか。

布団の種類を変更(例えば、掛布団→敷布団など)出来ますか?

出来ます。

 

側生地は外して持っていった方が良いですか?

側生地を外すのに手間が掛かりますので、そのままお持ちいただければ結構です。料金も変わりません。

 

綿布団の打ち直しは何回でも繰り返し出来ますか?

出来ます。しかしながら打ち直しを重ねるごとに綿の繊維が短くなり、ヘタるのが早くなります。
そういった場合、足し綿を多めにすることで、ヘタリの早さを防ぐことができます。 

〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
快眠ショップ ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)

香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
0875-52-3234
営業時間9:00~10:00
毎週水曜定休日

西部製綿株式会社
〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
TEL:0120-50-3234 / FAX:0875-52-3235

快眠ショップ ふとんのせいぶ
西部製綿株式会社

0120-50-3234
上記電話番号をタップすると発信します。
営業時間 9:00~19:00 (定休日:水曜)

閉じる