HOME > 布団お手入れ豆知識

昔から消費者クレームの代表格『布団の点検商法』。主として訪問販売業者による、点検を切り口とした言葉巧みな高額商品の不正販売の事例が後を絶ちません。被害に合わないようにお気を付け下さい。

 

こんな手口にご注意ください

 

①無料で、または安い費用で『お布団を丸洗いします』
『傷んでいるから洗えない。買い替えた方が良い。』などと言われ、粗悪な布団を高額で売りつけられます。

②無料で『お宅の布団にダニがいないかどうか点検します』
『ダニがたくさんいる。こんな布団で寝ていると病気になりますよ』と不安をあおり、粗悪な布団を高額で売りつける業者もいます。

③『羽毛布団のダニを取るには特別な掃除機や湿気取りカバーが必要です』
羽毛布団は側生地にダウンプルーフ加工(中身の羽毛が飛び出さないように細かく織る処理)が施されているため、中にダニが入ることはまずありません。
また羽毛布団は湿気外部に発散する力に優れているので、湿気取りカバーも不要です。

④有名メーカーや寝具店のように装う
例えば『西川から来ました』などと、有名メーカーや寝具店のように錯覚させ、点検や下取りをして、高額で粗悪な布団への買い替えを強います。寝具メーカーが直接お客様に丸洗いや点検、下取りをお勧めする事はありません。

⑤ご不用の布団を買いとります
『ご不用の布団を買いとります』を切り口にお宅に上がり込み、それをきっけに高額商品のールスを行ってきます。

 

対応策は?

 

①取り合わないのが一番の対応策です
電話や玄関口でしつこくねばられても、毅然とした態度で断りましょう。

②疑わしい電話が掛かってきた時は
相手の正式な会社名や連絡先を聞き、消費者センターに相談すると言って。はっきり断りましょう。


もし、万が一契約してしまったら 

 

8日以内ならクーリング・オフ制度により取り消しできます!

●契約してから、8日以内で代金が3000円以上、契約したのが営業所以外の場所なら、クーリング・オフ制度を利用してキャンセルできます。
●契約の際に『キャンセルはしません』と署名や捺印をさせられていても、クーリング・オフ制度は適用されます。 
●商品の袋を開けたり、梱包の袋を捨てていても大丈夫です。
●『しまった!』と思ったら、すぐに地域の消費者センターにご相談ください。 

クーリング・オフに関して『独立行政法人 国民生活センター』へのリンク

羽毛布団の側生地が破れた場合の対処を誤ると大惨事になる場合も・・・

 

お客様から『羽毛布団の側生地が破れました(穴が開きました)。どうしたらよいですか?』というご質問をよく受けます。この場合の対処を誤ると大惨事になるのでお気を付け下さい。

 

ちなみにシングルサイズの羽毛布団で中身の羽毛量は1.2キログラムが一般的です。羽毛布団の場合、中が小部屋に仕切られている(キルトと呼ばれます)ため、側生地が破れからといって、中身の羽毛全てが飛び出してくるというわけではありません。一般的な4×5マスの20マスキルトの場合、全てのマスの大きさが同一だとして、1マスに入っている羽毛の量は60グラムということになります。


羽毛60グラムと言ってもどの程度の量なのか、一般の方にはピンとこないと思いますので、具体的にお見せしますとこのような感じです。

100g.PNG

60gといえどもこれだけの量となります。これらがが飛び出してきたら大惨事となります。ですからきっちりとした対処が必要となります。それでは実際の対処法をご説明します。

 

その① 小さな破れ、穴が開いた場合⇒補修布

 

破れや穴が小さな場合は羽毛布団に添付してある補修布を使います。もし補修布が見当たらない場合、お買い上げの販売店に問い合わせされれば、対応してもらえると思います。

yabure1.jpg

まずは補修布を破れた部分より大きめに切り取ります。

 

yabure2.jpg

切り取った補修布をアイロンで貼り付けます。
まずは破れた部分の羽毛を端に逃がし(その部分を平らにして)、その上から補修布を当てて、あて布をしてからアイロンで押えます。アイロンの温度は140℃から160℃の中温で約10秒押えます。 
しっかり補修布がくっついたら、羽毛布団を軽くたたきながら中身の羽毛の偏りを元通り復元して完了です。


その② 大きく裂けた場合⇒羽毛布団リフォーム

 

補修布では対応できないような大きく裂けた場合は、応急処置ではどうにもなりません。羽毛布団のリフォームが必要となりますので寝具専門店にご相談ください。

 

一般的な羽毛布団リフォームの場合、
羽毛布団解体⇒羽毛洗浄・乾燥⇒足し羽毛⇒羽毛充填⇒縫製・仕上げ
という工程になります。このやり方だと中の羽毛を洗浄・乾燥・足し羽毛という工程が加わりますので、新品同様のふっくらとした仕上がりとなります。

 

生地が破れた羽毛布団がまだ新しい、あるいはあくまでも応急処置の場合、途中の『羽毛洗浄・乾燥⇒足し羽毛』という部分を省いて
羽毛布団解体⇒羽毛充填⇒縫製・仕上げ
だけを行うことも可能です。
これは『側交換』と呼ばれるやり方です。簡易な工程ですので価格も抑えることができます。


側交換コースの当店価格は
シングルサイズ
ダブルサイズ 16,800円~(税込)
ダブルサイズ 22,600円~(性込)
となっています。(『~』がつくのは新しく仕立てる側生地のランクをアップグレード可能だからです。)
 

ti.png

 

ふとんのせいぶ『羽毛布団リフォーム(仕立て直し)』のページはこちら

私たちは寝ている間に真冬でもコップ一杯の汗をかいています。そのため布団は湿気をたくさん含んでいます。その湿気を飛ばすのに有効なのが『干す』ことです。それでは布団干し方のポイントをお教えします。

 

その① カバーを掛けたまま干しましょう

側生地の傷みや汚れ、色褪せを防ぐためにカバーを掛けてから干してください。

 

その② 天気の良い日の10時から15時にかけての時間帯がオススメ

夕方になってもしまわないでいると、結露により逆に湿気がたまる場合がありますので、早めにしまいましょう。

 

その③ 布団は叩かないでください 

埃を飛ばすために布団を強く叩いている人がいますが、中綿の繊維がちぎれて布団が傷む場合があります。また羽毛布団の場合、叩いて側生地が破れてしまったら中から羽毛が飛び出して大惨事となります。ですから布団は叩かないでください。

埃が気になる場合は布団用掃除機で、あるいは一般の掃除機に布団用のノズルを取り付けてから、布団の表面の埃を吸い取った後、干してください。

 

その④ 表面、裏面まんべんなく干しましょう

布団の一方の面だけを干すと反対側に湿気が残り、却ってそちらの面が湿っけてしまう場合があります。両面ともまんべんなく干すようにしましょう。

また敷き布団の場合人に接する面よりも、畳やフローリング側に湿気がたまりやすい傾向がある事に留意ください。


その⑤ 干した後、布団を押し入れに入れる場合は熱を冷ましてからにしましょう

熱を持ったまま押し入れにしまうと、結露によって布団がかえって湿気る場合がります。

 

その⑥ ダニ対策で干す場合は黒いビニールい袋に入れてから

干すことで布団表面の温度が上がっても、ダニは反対側に移動してから生き残る場合があります。布団全体の温度を上げるために黒いビニール袋に入れてから干しましょう。 


その⑦ 押し入れの湿気を避けるためにはスノコを敷くことがオススメ

 

最後に 干すだけでは布団のお手入れとしては不十分です

干すことによって出来るのは布団の湿気を飛ばしても、汗に含まれていた塩分やその他の汚れはそのまま布団に残ります。
またダニ対策の観点でも、干すだけではなかなかダニは死滅しないことが知られています。また仮に死滅したとしても、ダニの死骸や糞はそのまま布団の中に残ることとなります。実はダニそのものよりも、ダニの死骸や糞の方がアレルゲン(アレルギーの原因物質)となると言わています。
そのため干すことはやらないよりはもちろんマシですが、これだけでは布団のお手入れとしては不十分であることを知っておいてください。 

羽毛布団が暖かくなくなった

 羽毛リフォーム3 .jpg

『買ったばかりの羽毛布団はぽかぽか暖かかったのに、最近寒くなってきた。』というのは、羽毛布団がそろそろ寿命に近づいている=そろそろリフォーム(仕立て直し)した方が良いという一番分かりやすいサインです。

 

側生地が汚れた・破れた

 羽毛リフォーム1 .jpg

側生地の汚れに関しては、ある程度の汚れであれば専門の水洗いクリーニングで取り除くことが可能ですが、汚れの程度によってはもはや焼け石に水です。

 

また側生地の破れに関しても、破れの程度が小さければ補修布による応急措置が可能ですが、大きく避けて中身の羽毛が飛び出すと、それこそ大惨事となります。

 

特に平成の初期に流行した『側生地にシルクを用いた羽毛布布団(高級品の場合が多いです)』は側生地がデリケートで、破れやすいのでお気を付けください。

 

 

中から羽毛が吹き出す

 羽毛リフォーム2 .jpg

羽毛布団の側生地は糸を高密度に織り込むことで、中の羽毛の吹き出しを防いでいます(ダウンプルーフ加工と言います)。

 

しかしながら側生地の織りも、長時間の使用で徐々にゆるんできます。そのため見た目の上では穴や破れのような異常が認められなくても、使用年数に応じて徐々に中から羽毛が吹き出てくるようになります。

 

こういった場合は側生地を新しく取り替えるしか、羽毛の吹き出しを止める手段はありません。

 

 

中身の羽毛が片寄っている

 羽毛リフォーム4 .jpg

羽毛布団は表生地と裏生地の間を立体状に仕切って縫製する事で、中を小部屋上に仕切り、中身の羽毛の片寄りを防いでいます。

 

しかしながら長く使用しているうちに中の仕切りが破れたりすることで、中身の羽毛がごっそり隣の部屋に移動する事があります。

 

・羽毛布団の襟元がスカスカ
・羽毛布団の中央がスカスカ
と言った場合、暖かさが低下します。

 

ぺちゃんこで寝心地が悪い

 羽毛リフォーム5 .jpg

・ダウンボールの傷みによる嵩減り
・汚れを含むことによる羽毛の絡まり
によって羽毛布団のふくらみがなくなります。

 

そもそも羽毛布団はふっくらした厚みの中に空気層をたっぷり含むことによる、断熱効果によって暖かさを保っています。ぺちゃんこの羽毛布団は保温性が大きく低下しています。

 

 

サイズを変えたい

 羽毛リフォーム6 .jpg

『結婚当初はダブルサイズでお二人で寝ていたけど、今は別々で寝ているのでシングルサイズ2枚に変えたい』というご要望を受ける機会が増えてきました。

 

その他にも『家族構成が変わったのでダブルサイズ1枚とシングルサイズ3枚から、状態の良い羽毛だけを使って、シングルを3枚作りたい』などいかなるご要望にもお応えできますので、ご相談ください。

 

ti.png

ふとんのせいぶ『羽毛布団リフォーム(仕立て直し)』のページはこちら

出回り始めには『一生モノ』と言われた羽毛布団

 

綿布団と羽毛布団の普及の経緯は大きく異なります。日本人がまだ貧しかった時代に超高額品だった綿布団は、打ち直しを繰り返すことで、大切に再生利用されてきました。

 

それに対して羽毛布団は日本人が豊かになってから普及しました。とはいえ普及当初の羽毛ふとんは数十万円するのが当たり前の高額商品でした。そのため、最初の頃(昭和の終わりから平成の初めにかけて)羽毛布団を販売するために以下のような間違ったセールストークがまかり通っていました。

 

・羽毛布団は一年中使える
・羽毛布団は干す必要がない(干さない方が良い)
・羽毛布団は一生モノ(半永久的に使える)

 

今となってはどれも間違った説明である事は明白です。

 

物理的に考えて『羽毛布団が一生モノ』というのはあり得ない話です。
①汗や皮脂による汚れ
②側生地や羽毛の摩耗による劣化
により保温性と衛生面の両方の問題が生じます。もちろん使用方法によりますが、羽毛布団の寿命の目安は約10~15年です。

 

ただし上記のような間違った説明は、高額商品を販売するために誇大な表現を用いられた面がもちろんあるのかもしれませんが、『当時は誰も正しい知識を持っていなかった』というのが正確なところかもしれません。

 

ともあれ、羽毛布団の普及当初にこのようなセールストークがなされていた事は、今でも大きな足枷となっています。実はいまだに高齢者を中心に『羽毛布団は一生モノ』という事を信じ込んでいる人が大勢おられます。

 

羽毛布団のメンテナンスに関する情報が正しく伝わっていない!?

 

また『一生モノ』とまでは思っていないにせよ、羽毛布団のメンテナンスに関する正しい情報が消費者に伝わっていないのが現状です。具体的には
 

『×羽毛布団を干してはいけないと誤解している』
実は→『実は羽毛布団は干した方が良い』 

『×羽毛布団がリフォーム出来る事を知らない』
実は→ 『羽毛布団はりフォームによって再生できる』

などです。

 

さらに言えば、寝具専門店にとって羽毛布団は長らくドル箱商品でした。そのため羽毛布団が古くなった場合にも、新しく買い替えをご提案する事が優先されてきました。そのため業界全体として羽毛布団のリフォームを知らしめる努力をあまりしてこなかったという面もあります。

 

羽毛布団のリフォームはリサイクル&エコ

 

ところが、かつてと比べて羽毛布団の価格が高騰し、そして羽毛原料が不足しつつある現状により、羽毛布団のリフォームを前面に打ち出す必要性が出てきました。これリサイクル&エコを重視する社会情勢にもマッチしています。

 

もちろんインターネットや量販店で羽毛布団を安く購入することができますが、これは安かろう悪かろうの品に過ぎません。現在お使いの羽毛布団がそれなりのランクであるのなら、リフォームした方が新品を買う場合と比べて半額から3分の2の費用で済みます。

 

現在お使いの羽毛布団をリフォームして再生することをお勧めします。

 

ti.png

ふとんのせいぶ『羽毛布団リフォーム(仕立て直し)』のページはこちら

〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
快眠ショップ ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)

香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
0875-52-3234
営業時間9:00~10:00
毎週水曜定休日

西部製綿株式会社
〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
TEL:0120-50-3234 / FAX:0875-52-3235

快眠ショップ ふとんのせいぶ
西部製綿株式会社

0120-50-3234
上記電話番号をタップすると発信します。
営業時間 9:00~19:00 (定休日:水曜)

閉じる