私たちは真冬でも一晩にコップ一杯の汗をかいています。その中には『塩分』をはじめ『垢(あか)』や『皮脂』など様々な成分が含まれています。

干すことで湿気を飛ばすことは出来ますが、汚れは一切取り除けません。布団クリーナーを用いても、表面のホコリやダニは取り除けますが、内部の汚れや湿気、汗の成分は取り除くことが出来ません。長年使っているその布団、実は私たちの想像をはるかに超えるほど汚れているのです。

また長年使った布団は『へたり』の問題も生じます。
掛布団の場合は『保温性』に、敷き布団の場合は『体圧分散性』が低下し、眠りの質に悪影響を及ぼします。

10年使った羽毛布団を実際に洗ってみました。
あまりの汚れ具合にビックリです!汗に含まれる垢や皮脂などの積み重ねがこれだけの汚れになるのです。
布団に付いた垢や皮脂はダニの大好物。

高温・多湿な押し入れの中はダニにとっては天国です。
長年使った布団は、保湿性や体圧分散性が低下し、寝心地がとても悪くなります。

布団は種類(中綿や側生地の素材)によって、メンテナンスの内容が異なります。
またお使いの布団の状態も、ご使用年数、ご使用方法によって千差万別です。
『ふとんのせいぶ』では、あなたのお布団に最適のメンテナンス方法をご提案します。

  • 当社提携水洗い工場で、あなたの布団をお洗濯。汚れや嫌なにおいを取り除きます。
  • 当社提携工場にて、あなたの羽毛布団をリフォーム。ふっくらふわふわの仕上がりです。
  • 自社製綿工場にて、あなたの綿布団を打ち直し。新品同様の仕上がりにきっとご満足いただけます。

香川県の西の端、観音寺市豊浜町。目の前は海で背後は山という、田舎の不便な立地であるにも関わらず、
香川県内各地はもちろん、愛媛や徳島、高知といった四国各地から
お客さまがわざわざ足を運んでくださっている、その理由をお教えします。

もとカネボウ化粧品研究員の肩書を持っている店主とヒラ店員は『説明がとても分かりやすい』と・・・もっぱらの評判。

さらには“いわゆる布団屋さん”とは一線を画するすっきりした店内レイアウト。入り口付近の布団メンテナンス専用カウンターで、あなたの布団を快眠のプロがしっかりチェック。

あなた布団の状態に応じた、ぴったりのメンテナンス方法をご提案します。
古くからわたの町として知られている香川県の豊浜町において、当社は明治35年(1902年)に創業されました。

中身の見えない布団だからこそ『絶対にごまかしは行わない』という先代の方針により、やがて『西部製綿の綿なら間違いない』
と言われるようになりました。

代々続く地元のお客さまとの信頼関係は、今でも脈々と受け継がれています。
西部製綿という会社名の通り、もともと当社は綿布団の製造メーカー。
『快眠ショップ』として小売主体となった現在においても、綿布団の製造や打ち直しは、もちろん自社工場にて行っています。

布団作りに対するこだわりは、すなわち布団メンテナンスに対するこだわり。
もちろんアフターフォローも万全です。

〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
快眠ショップ ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)

香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
0875-52-3234
営業時間9:00~10:00
毎週水曜定休日

西部製綿株式会社
〒769-1604 香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2424
TEL:0120-50-3234 / FAX:0875-52-3235

快眠ショップ ふとんのせいぶ
西部製綿株式会社

0120-50-3234
上記電話番号をタップすると発信します。
営業時間 9:00~19:00 (定休日:水曜)

閉じる